Maple Diary

めーぷるだいありー。メープルの脳内と日々の記録。

【旅行】上海の治安とか、言葉とか、お金のこと

スポンサーリンク

近年、日本と中国って仲がよろしくない時期があったり、メディアでは半日とか反中とかって騒がれていますが、実際行ってみて感じたことを述べたいと思います。

あと、中国行ったら日本語とか英語が通じるのかとか、中国の決済について。

治安はどう?

ぶっちゃけ、めちゃくちゃ安全。

確かに、夜になれば酔って喧嘩してる人たちはちらほらいますが、東京の新宿とか蒲田とかよりはずっと安全だと思いました。

ただし、ビジネスにがめつい人が空港の入国ゲート抜けてすぐにたくさんたむろしているのは少しだけ怖いです。

ひたすら「タクシー アルヨ」「SIMカード アルヨ」ってついてくるおばさんとかおじさんがいますが、ひたすら無視しましょう。

その人たちに目を合わせたり、返事するとごり押しされて、ぼったくられるらしいです。(現地民の人から教わった話)

タクシーに乗るならDiDiというUberやタクシー配車アプリに似たアプリで配車しましょう。

滴滴出行 - DiDi

滴滴出行 - DiDi

  • Beijing XiaoJu Technology Co., Ltd.
  • 旅行
  • 無料

 

半日の人は?

いませんでした。

(いたのかもしれないけど表立って「日本嫌いです」っていう人はいなかった)

もしかしたら腹の底では「日本嫌い」って思っている人もいたかもしれませんが、危害を加えられたり、暴言吐かれたりはしませんでした。

むしろ皆フレンドリーで、「あら、日本から来たの~」なんて気さくな人達ばかり。

メディアの嘘つき!って思いました笑

 

日本語と英語は通じる?

中国人で日本語を勉強している人が多いイメージでしたが、上海行ってみて、

全然通じないやん!って思いました。

空港でも日本のパスポート持っていて、相手は絶対私が日本人だと認識していますが、中国語で話しかけてきます。

しかも、中国語で「日本人?」って聞いてきます。

中国語理解できなかったら「はい?何話してるか分からないっす」ってなりますよね。

国際空港なのに大体が英語で話しかけても中国語で返ってきました。

たまに、レストランとかカフェの店員さん(どちらも世界チェーンのス〇バみたいなとことか)なら話せることもありましたが、基本的には話せないことが多いです。

上海ディズニーでは英語話せる人の割合が多かったり、まれに日本語少し話せる人がいました。

f:id:mywantmylike:20190807162854j:plain

かわいい日本語の間違い。「すべっに気を付けて」

観光客向けにいろんな言語でお品書きとか注意書きがかかれていても間違っていたり、通じないだろうってやつがあってそれはそれで面白い。

 

お金のこと

地元の人しかいないようなレストランやお店は基本的に電子決済のアリペイかWeChat Payしか使えませんでした。

現金ですら使えない状態。

観光地に行くと現金は普通に使えて、まれにVisaは使えるけれどやはり電子決済が主流。

それか、観光客しかいないようなお店行けばVisaやMasterCardが使えるといった感じです。

外国人は現金支払い一択か、観光客向けの高いお店に行けってことなんだろうなぁと思ってしまいました。