Maple Diary

めーぷるだいありー。メープルの脳内と日々の記録。

【メモ】アメリカの南部ってどんなところ?

スポンサーリンク

私の留学先はきっと皆さんが想像するようなアメリカではありません。

大体の人が想像するアメリカは大体がカリフォルニアやニューヨーク、ディズニーワールドがあるフロリダとかでしょう。いわゆる都市部で、日本人が多く集まる場所なので日本食も食べられたり、日本人街が存在したりします。

しかし、私の留学先はそういう場所と比べると田舎。

日本人街もないし、日系スーパーもありません。日本食アメリカナイズされて日本食じゃない。

こういうことだけを聞いたら住みずらそうと言われそうですが、とても住みやすい場所です。

本記事ではアメリカの南部について述べようと思います。

f:id:mywantmylike:20190512171423j:plain

エルビスプレスリーがレコーディングしていた SUN STUDIO

アメリカの南部ってどこ?

アメリカ南部は主に16の州で構成されていて、さらにThe South Atlantic、The East South Central、The West South Central の3つに分けられることもあります。

The South Atlantic

The East South Central

The West South Central

 

アメリカ南部の人柄

あくまで私の実体験や感じたことなのですべての人がそうかと言われると違うかもしれませんが、

都市部と比べて親切な人が多く穏やかで世話好きな人が多いです。

そして皆話好き

特におばあちゃんは話好き。お店やレストランで店員さんを待っているとどこからともなくおばあちゃんがやってきて話しかけてきます。

南部では比較的アジア人が珍しいため、まず初めに

おばあちゃん:「どこの国から来たの?」

私:「日本から来たよ」

おばあちゃん:「わあ、遠いところから来たのね。すごいわね~」

このやりとりは必須。

そして自分の人生を話始める。なんだかんだで15分ぐらい話すこともあるくらい話好きな人が多いです。

また、お店のドアも1番初めに開けた人がそのまま最後の人が通るまで開けて待っていてくれたりすることが多いです。

 

次に、みんな時間をあまり気にしません。

授業に先生が10分遅れることもあるし、学生が5分くらい遅れても遅刻の扱いにしない先生が多いです。

お店でテイクアウトの注文をして10分後に受け取りに来てねって言われても大体20分後に行って丁度いいかそれより待ちます。

皆それで怒ることもないし、それが当たり前。

時間の流れがゆっくりです。

 

アメリカ南部に留学して困ったこと・大変だったこと

  • 差別がある
  • 治安が悪い
  • 車が無いと生活できない

差別がある

このブログで何度も述べてきましたが、歴史的に奴隷制度があったり、有色人種と白人の分離政策があったりした名残で未だに差別があるのが事実です。

特に南部にはアジア系の人が少ないので、黒人からもアジア人は差別の対象にされることがあります。

www.mywantmylike.com

 

治安が悪い

アメリカ南部」って検索すると候補に「アメリカ南部 治安」って出てきます。それくらい皆治安について気にしているのかと思います。

実際どうなのかというと、ニュースを見ていると私の住む町のどこかで毎日銃に関する事件は起きていますね。

夜に一人で出歩くのは危険なので基本的に日没後は外出しないです。

アメリカ南部だけでなく、アメリカ全土で夜で歩くのは危険という場所が多いです。

車が無いと生活できない

都市部ではないので電車はないし、バスは治安がよくないのであてにできません。よって交通手段は車がメインです。

しかし留学生は車の免許や車を持っていないので人に頼ることになります。

しかし、前述にもあるように世話好きな人が多いので、友達にスーパーに連れて行ってもらったり、皆で出かけるときに迎えにきてくれたりするのでそこまで心配する必要はありません。

ただ、自分の好きな時に好きな場所に行けないのが少々不自由です。

 

まとめ

アメリカ南部はいいところ

忙しい都市での生活を好まない人はアメリカ南部はおすすめ!

ジャズやブルース音楽が好きな人もアメリカ南部がおすすめ!

でも、日系人や日本人が比較的多いカリフォルニアやニューヨークと比べると日本食が手に入りにくい。