Maple Diary

めーぷるだいありー。メープルの脳内と日々の記録。

【LIKE】子供用スマートウォッチがアツい!

スポンサーリンク

最近、街へ出かけるスマートウォッチを付けている人が増えました。特に10代~20代の男女の利用率が高いように見受けられます。

アメリカでは日本よりも普及していて、若者のみならず、50代~60代の人の腕にもスマートウォッチが。

さらに言えば、10歳以下の小学生でもスマートウォッチを利用していることがあります。

本記事では、子供用のスマートウォッチにフォーカスしてみようと思います。

 

なぜ普及し始めた?

主に防犯の面から時計としてというよりかは連絡手段・位置情報を確認する手段として利用されているようです。

以前は時計としての機能以外に位置情報の確認やテキストメッセージの送受信しか使えるものがありませんでした。しかし、近年ではメッセージ以外に音声通話ができたり、カメラを使ってビデオ通話もできるようになりました。

それによって時計としてというよりケータイやスマホの代替品として使われるようになったようです。

 

日本ではあまり普及していない

 日本ではどういうわけかmamorino watchやドコッチなるものが発売はされたもののどちらも生産終了。後継機は発売されていません。

日本では多くの子供が防犯ブザー付きのスマホの小さい版みたいなキッズケータイを利用している人が多いので流行らなかったのでしょう(私的憶測)。

たいていの小学生はキッズケータイをランドセルに付けたり、首からぶら下げているので、腕に着ける時計型の物は子供には慣れが必要だったり、存在自体が煩わしいのかもしれませんね。

 

中国・韓国の製品がアツい!

中国

中国は誘拐や迷子が多いことで有名(?)ですよね。そんな中国では誘拐や迷子対策としてスマートウォッチを持たせる人が最近増えているそうです。

特に子供用スマートウォッチで有名な小天才というメーカー以外にもたくさんのメーカーから様々な商品が出ています。

特に小天才のZ5という機種は他の子供用スマートウォッチと違い、4Gが使えるのでより快適に通話やビデオ通話が使えるそうです。

さらに、子供用スマートウォッチですが、電子決済アリペイや音楽を聴いたり辞書も使えるので大人用のスマートウォッチと大差ありません。もちろん親がアプリのコントロールができるので使わせたくないアプリは設定ができます。

f:id:mywantmylike:20190510124344p:plain

小天才 Z5

画像引用:https://www.okii.com/html/pc/products/product-new.html

韓国

f:id:mywantmylike:20190510130441p:plain

画像引用:https://www.kiwiplus.co.kr/product_kiwiwatch2

韓国では人気キャラクターとコラボした子供向けスマートウォッチやケータイが人気です。特にカカオトークやLINEとコラボした商品が人気だそう。

このKIWI製のLINE Kids Watch2は控えめなデザインでカラーバリエーションが豊富なので幼稚園くらいの子供から高学年まで長く愛用できそうです。

機能面でも充実していて、子供の位置をリアルタイムで確認できるのはもちろん、音声認識機能や活動計も搭載しています。

カメラも搭載していますが、ビデオ通話はできず、写真を撮るためにしか使えないのが少し残念なポイントです。

 

子供用スマートウォッチのメリット

  • 常に身に着けているので無くしにくい
  • 時間の感覚を学ばせるのに最適
  • キッズケータイと比べて)壊れにくい

無くしにくい

スマートウォッチは腕に常に着けていることもあって、無くしにくいです。

キッズケータイだと遊びに行くときに持っていくのを忘れるとか、首からかけていたけど遊びの邪魔で外してそのまま忘れるとかがありますが、基本的に常に着けておくスマートウォッチならその心配もありません。

時間の感覚を学ばせるのに最適

前述までは時計としての機能はあまり触れてきませんでしたが、もちろん時間の感覚を学ばせる上で腕時計は最適な手段と言えるでしょう。

日々の生活のルーティーンが習慣づけられると規則正しい生活が送れます。

また、時間管理ができると責任感や自立心も芽生えるでしょう。

壊れにくい

通常、腕時計は腕に常に着けているのでキッズケータイと比較すると何かにぶつけることが少ないと考えられます。

キッズケータイだとランドセルや首からぶら下げることがほとんどです。

少なからず子供はランドセルを放り投げたり、少々雑な扱いになることがあるかと思います。また、首からかけている場合はネックストラップの長さ分だけ遠心力で左右に揺れます。走ったりした際に遠心力で思い切り振られるので知らず知らずのうちに物にぶつかります。そうなると物にぶつかった衝撃で破損したり故障する可能性があります。

しかし、腕時計型であるスマートウォッチならそんな心配を最小限に抑えられるのです。

 

日本で使用可能な注目製品

myFirst Fone S2

製品特徴

SIMフリーで3G回線を使用。3G回線を使用するので従来の2G回線を用いた子供用スマートウォッチと違い音声通話・ビデオ通話の利用が可能です。GPSだけでなくWiFiGSMも利用することで位置情報の把握がより正確に行えます。また、日本製の従来の子供用スマートウォッチと違いクラスルームモードをあらかじめ設定することで授業中には機能を制限できるので授業中にスマートウォッチに気がとられる心配もありません。

 

PROKTH キッズスマートウォッチ

 製品特徴

 とにかくコスパがいいです。5000円で買えるので子供への誕生日プレゼントなどにプレゼントするのもいいと思います。こちらもSIMフリーで3G回線を使用しているので格安SIMなどですぐに利用を開始できます。他にも、計算機やアラーム、ストップウォッチ、カレンダーも搭載しているので何かと便利。

 

まとめ

子供用スマートウォッチのメリットは主に3つ。常に身に着けているので無くしにくい、時間の感覚を学ばせるのに最適、(キッズケータイと比べて)壊れにくい。

日本ではキッズケータイが主流ですが、今後子供用スマートウォッチがさらに普及すると良いと思います。