Maple Diary

めーぷるだいありー。メープルの脳内と日々の記録。

【留学日記】留学で得たもの(勉強以外で) #41

スポンサーリンク

アメリカでの学生生活も期末試験を最後についに終わりを迎えました。

あとは帰国するのみ!

10か月長いようであっという間でした。

本記事では、実際に留学してみて勉強外で得たものを述べたいと思います。

 

多種多様な人種・宗教・性別の友達

f:id:mywantmylike:20190504120826p:plain

当たり前ですが、その地に行けばその地で出会う人と友達になれます。アメリカ人はもちろん、他の国からの留学生の友達ができました。

アメリカ人と言っても多種多様で、黒人や白人、アジア人という肌の色や人種だけでなく、様々な宗教の人や性別(男女だけでなくセクシャルマイノリティの人も指す)と出会うことができました。

日本は以前より国際化が進んだとはいえ、未だ多様化という面では後進国なので様々なアイデンティティを持った人に出会えるのはいいことだと思いました。

 

悪い言葉・スラング

10か月アメリカで生活していたら学校では絶対に習わない単語、言い回し、スラングを沢山知りました。

正式な場や初対面の人、目上の人にはなかなか使えませんが日常生活や友達との会話でフランクに喋れるので悪い言葉(いわゆるFワード)も覚えておくと便利です。

(使いすぎ厳禁。使いすぎると下品な人だと思われます。)

日本人だって「私は~です」とか「~さんは○○ですか?」なんて友達との会話で言いませんよね?笑

「やばい」とか「マジ」とか「~だよね」とかそういう何気なく使う単語って友達との仲を深める上で結構大事です。

(逆に周りに留学生がいたらこの3単語教えてあげてください)

 

強い精神力

f:id:mywantmylike:20190504121025p:plain

まあ、アジア人、差別されます。

白人だけじゃなくて黒人にも差別されます。(自分たちの人種がされていたことを自分たちも他の人種にするのです。)

さらに、向こうが私を日本人って知ればもっと舐められました。

舐められないためにも強く主張しなくてはなりません。強く主張してもこっちがネイティブスピーカーじゃないと知った瞬間色々まくし立ててきて最終的に負けることもあります。

威圧的に話しかけてきてだましてこようとする輩もいます。怖くてもNOと言わなくてはならない時もありました。

(死ぬのかってくらい怖かった。本当に命の危険にさらされたら所持金と金目の物は差し出しましょう。)

舐められたり、口げんかで勝てなくて悔しい思いたくさんしました。悔しくて、辛くて沢山泣きました。でもそのおかげで精神面で強くなれました。

 

生きるための知恵・知識

生活するうえで必要な知恵がつきました。

炊飯器がないから鍋で自在にご飯が炊けるようになったり。

(炊き加減も自由自在にできるようになった。)

ランチタイムで昼寝がしたいから10分で作れるご飯をひたすら考えたり。

手に入る調味料だけでいかに飽きずに毎日料理の味付けをするかとか。

…衣食住と言いながらほぼ得た知識は食関連ですね笑

 

まとめ

沢山得たものはあるけれど、全体的に生きていく力がベースアップしました。