Maple Diary

私の脳内。そして日々の記録。

【ガジェット】Fitbit charge3 を1週間使ってみて

スポンサーリンク

Fitbit Charge3を使用し始めて1週間ちょっとが経過しました。

Fitbit Charge3の開封時の記事はこちら

www.mywantmylike.com

 

本記事ではFitbit Charge3を1週間使用してみて良かった点と残念だった点を述べたいと思います。

 

良かった点

  • 電池持ちが想像以上にいい
  • 睡眠レベルの測定が正確(お昼寝も計測してくれる)
  • Charge3のみで通知の設定と画面の設定ができる
  • 通知にタイムラグがない

電池持ちがいい

公式では電池持ち7日との記載がありましたが、1日の使用で10%しか減っていませんでした。

そのため、単純計算で10日はもつのではないかと思いました。

1日ごとにこまめな10分程度の充電を行っているので単純計算にはなりますが、確実に7日以上はもちそうです。

 

ちなみに、私の設定は画面明るさ「自動」で通知は「LINE」のみ、傾けた時の画面の起動は「オン」です。

睡眠の測定が正確

以前使用していたMi Band2では夜寝る前にベッドで横になるとその時点から睡眠開始したと思われてしまい、正確な入眠の測定ができていませんでした。

目を覚ました時も同様に、深夜に目を覚ました時の計測がされていないことがありました。

しかし、Fitbit Charge3 ではそういったことは一切なく、ちゃんと入眠の記録も正確になっていたり、深夜に目を覚ました時の記録も正確にされています。

驚いたのは寝返りの回数まで計測されていることです。

f:id:mywantmylike:20181024003530p:plain

 

また、計測が正確過ぎてちょっとした転寝やお昼寝までも計測されます。

3時間以上寝ないと睡眠の質までは計測されませんが、3時間以下でも目覚めている時間や寝付けていないかなどは計測されます。

f:id:mywantmylike:20181024004655p:plain

本体のみでの通知・画面設定

意外と便利だったのがFitbit Charge3 本体のみで行える設定の数々。

その中でも傾けた時にオンになる「画面をオン」という設定と通知のオンオフの切り替えができる「通知」の設定がFitbit Charge3 本体のみでできるのは魅力的です。

これら二つは画面左側にあるボタンを長押しすると設定できます。

f:id:mywantmylike:20181024005408g:plain

画面をオン

以前使ってきたスマートウォッチやスマートバンドでは寝ている時に寝返りを打って画面が明るくなって目覚めることが多々ありました。

そんな経験をしてから寝ている時に画面が明るくなってほしくないと思うようになりました。

だからといって普段は時計として使用しているので傾けたら画面がついてほしい。

でも、いちいち寝る前にスマホのアプリと同期して設定するのはめんどくさいのです…。

そんなわがままな私にはもってこいの設定が「画面をオン」という機能。

Fitbit Charge3 単体で傾けた時の画面の起動の設定ができます。

これならめんどくさくないし、簡単なのでうっかり設定し忘れて深夜に画面が明るくなることもありません!!

素晴らしい!!!

通知

今まで使用してきたスマートウォッチやスマートバンドはスマートフォンがないと設定ができなかったりするのでスマホのアプリと同期するのがめんどくさかったり、設定し忘れてしまうことがありました。

この機能を使えば、授業中や勉強をしている時に通知を切り忘れてLINEの通知を見て集中力がそがれたり、寝ている時に通知を知らせるバイブで目覚めてしまうこともありません。

通知タイムラグ

 よく、他のスマートウォッチでよく聞くのが「通知のタイムラグがあって機能していない」という問題。

Bluetoothでつないでいるので多少は仕方がない気もしますが、2、3分のラグがあると何とかならないのかと思うこともありますよね。さらに、「通知が来ない」という論外なスマートウォッチもあるようです。

しかし、Fitbit Charge3 は私が1週間使ってきて今のところ通知タイムラグはほぼありません。

スマホの通知とほぼ同じタイミングで通知が届きます。

ラグはたまにありますが2、3秒程度です。

残念だった点

  • 文字盤にの種類が少ない
  • サイドボタンの誤動作がある
  • バンドの付け外し部分に水が入る

文字盤の種類が少ない

f:id:mywantmylike:20181024020458j:image

文字盤が7種類しかなく、日付を表示できる文字盤は2つしかありません。

さらに、日付が日本語だと「〇月〇日」の月日の部分が「〇☒〇☒」になってしまっています。

まだ日本での発売前だからか日本語化が不十分です…

サイドボタンの誤作動がある

物理ボタンじゃないからか反応が悪いからなのか画面の左側にあるボタンが反応しないことがあります。

それか、1回しか押していないのに2回押されたことになってしまうので誤作動どうにかして欲しいです。

バンドの付け外し部分に水が入る

f:id:mywantmylike:20181024031953j:image

防水なので壊れたりはしませんが、風呂場などで使用するとバンドのつけ外しをする部分に水が入ってしまいます。

バンドの構造上仕方がないですが、(リンゴの腕時計と比べて)少々バンドの付け替え部分が複雑な形をしているのでここに水が入り込んでたまってしまうようです。

なので、周りを拭いてもここに入ってしまった水が出てくるので少し不快感があります。

毎回バンド部分を外して拭いて使用するのが面倒です。

謎の現象

  • アップデートをしたら言語設定が英語になった
  • パソコンからアラーム設定をしたらスマホのアプリからアラームの設定ができるようになり、Charge3本体でもオンオフの切り替えができるようになった

アップデートしたら英語になった

特に何も操作していないのにソフトウエアのアップデートをしたら言語設定が英語になりました。

f:id:mywantmylike:20181024004944j:plain

英語でも支障なく使えますが、日本語の方が文字が大きく表示されるので(文字数が少ないため)すぐに日本語に戻しました。

戻す方法
  1. https://www.fitbit.com/にパソコンからアクセス
  2. 歯車のマークの下の小さな「▽」を押すと設定「設定」があるのでクリック

    f:id:mywantmylike:20181024014723j:plain

  3. 個人設定という画面が開くので下にスクロールf:id:mywantmylike:20181024015256j:image

  4.  地域/国ごとの言語が「United Stetes」になっていたので「日本語」に変更

    f:id:mywantmylike:20181024014734j:plain

  5. そのまま下にスクロールして「送信」を押してスマホのアプリを起動して画面上部にある「アップデート利用可能」をタップf:id:mywantmylike:20181024015833j:image
  6. 「トラッカーの言語をアップデート」をタップf:id:mywantmylike:20181024015848j:image
  7. 「次へ」をタップしてFitbit Charge3 本体のアップデートが完了を待ちます。f:id:mywantmylike:20181024015902j:image

アラームの設定が突如アプリからできるようになった

以前の記事でアプリからアラームが設定できないと述べていましたが、パソコンからアラームを設定したらアプリからもできるようになりました。

f:id:mywantmylike:20181024043248j:image
f:id:mywantmylike:20181024043245j:image

 

まとめ

睡眠トラッカーとして主に使用したかったので睡眠の計測が正確なのがとても満足しています。

(もちろんそれ以外にも凄く満足しています!!)

アラームの設定もひとまずアプリからできるようになったので一安心です。

ただし、日本語化はもう少し対応して欲しいです。

日本でも正式に発売されても日本語化が進まなければ英語で使用することも検討したいと思います。

(「月日」よりも難しい漢字は通知画面で表示されるのに…)

総合的に見ると大満足なFitbit Charge3 でした。

最後に

もし役に立ったと思ったり、応援したいと思ってくださった方は下記の方法で投げ銭をいただけると嬉しいです。

Mapleの今後のモチベーションにつながります。

Kyash

f:id:mywantmylike:20181109105243j:plain

Kyash ID: kangaroodisco73

スマートフォンタブレットの方は上記のQRコードをタップするとKyashアプリが開きます。

まだアプリをお持ちでない方はアプリストアが起動します。

Kampa!

Kampa!とはAmazon.co.jpのギフト券を使った投げ銭サービスです。

Kampa!を使ってMapleをサポートする方はこちら↓