Maple Diary

私の脳内。そして日々の記録。

【留学日記】アメリカの寿司はやっぱり寿司じゃなかった #15

スポンサーリンク

ついに、禁断の…

アメリカの寿司を食べに行ってしまった!!

アメリカの寿司を食べてみた

どんな寿司を食べたのかと言いますと…

f:id:mywantmylike:20181007082125j:image

こんなやつです。

 

寿司じゃないです。量もめちゃくちゃ多いし、味は和食のかけらもなくて、内陸だからか、カニカマとザリガニが使われていて、海鮮は1つも入っていませんでした。

でも、寿司だと思わず食べなければ美味しいのです。

 

店の雰囲気が明らかに日本じゃなくて、中国臭がしました。多分経営者中国系の人か日本と中国の区別ができない人だろうと勝手に推測しました。

アメリカの寿司屋さんのほとんどは日本人は経営していませんし、むしろ日本好きのアメリカ人に知られているくらい有名な話。

 

アメリカの寿司あるある

  • カニカマ使いがち
  • 唯一の生魚が大体サーモン
  • 大体巻きずし、しかも海苔はご飯の中
  • たまにフルーツの寿司がある
  • 名前がアメリカン(例:ロサンゼルス、スーパーマンなど)
  • 中国、韓国料理もメニューにある

 

本物の寿司を食べるには

一応、日本の寿司も食べられるならと思い、日本の寿司を食べられる場所を調べてみました。

調べてわかったことは、

  • 海岸沿いの町へ行く必要があるらしい
  • 日本人が経営する寿司屋か海外進出している回転寿司屋に行く必要がある
  • 大金をはたく必要がある

 

結論、そこまでして日本の寿司を食べたいと思わない。

 

特にアメリカの食に関して問題なく生活できているので「別に食べなくてもいいや」という結論に至りました。