Maple Diary

私の脳内。そして日々の記録。

【勉強】私が英語学習に使った本

とても頭がいいとは言えない私。

TOEFLも苦労したし、英語は正直言って苦手な方です。

そんなおバカな私が英語を勉強する上で「使いやすかった」「わかりやすかった」と思った参考書を紹介します。

ãè±èª ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

私の参考書選びの基準

バカなりの工夫というか、一番大切にしたのは読んでいて飽きないか理解しやすさです(詳しく書かれているか)。

あとは、問題(TOEFL対策)は基本的に洋書のものしか解いていませんでした。TOEFLは問題文の説明もすべて英語なので、日本語で書かれているものよりも圧倒的になれるのが早いし、問題文の説明を読むだけでもいい練習になりました。

また、アクセスキーもしくはソフトを使ってパソコンで模擬試験ができる参考書も必ず1冊あると予行練習ができていいです。

 

 洋書と和書のそれぞれ参考書を選ぶ際の基準は下記の通りです。

 

洋書

  • 回答の解説が詳しく書かれているか
  • リスニングの場合はオーディオが付いているもしくはダウンロードできるか
  • リスニングのトランスクリプト(話している内容の文章)は付いているか

和書

  • 使っていて飽きないか
  • 見やすいか(文字幅、文字サイズ、フォント)
  • 持ち運びしやすい大きさか
  • ソフトカバーであるか

 

私が使ってよかった参考書~洋書~

Complete Guide to the TOEFL Test iBT Edition

英語の基礎から学べて、TOEFLを受ける際にどうすると加点もしくは減点されてしまうのかを詳しく学ぶことのできる本。

これ1冊やれば一通り網羅できます。

 

 Longman Preparation Course for the TOEFL iBT Tset

少し簡単にTOEFLをかみ砕いて学べる本。初めて勉強する人や英語にあまり自信が無い人におすすめ。

 

The Official Guide to the TOEFL Test with DVD-ROM Fifth Editon 

TOEFL公式問題集で、これ一つあればとりあえずTOEFLの問題形式や問題の傾向が網羅できる本です。

この本の魅力はDVD-ROMに入った模擬問題が4問があることで、公式問題集だけあって実際に受けるときとほぼ同じ環境で模擬試験が受けられることです。

 

私が使ってよかった参考書~和書~

TOEFL TEST対策 iBT スピーキング

スピーキングの問題練習だけを集めた本。

1つの問題ごとにトランスクリプトや模範解答、それぞれの和訳があったりしてとても理解しやすい本です。模範解答を聞いて、自分のものと聞き比べることができたりもするので点数アップ間違えなしです。

大きさも小さすぎず、持ち運びもしやすいサイズで移動時間に付属のCDを聞きながら勉強ができます。

 

速読速聴・英単語 Core 1900 

最強の単語帳。

単語の使い方を「環境」「教育」「政治・国際情勢」「司法」「科学・テクノロジー」の分野の文章を例文に使って学ぶことができるので出題内容がアカデミックな内容のTOEFLの問題にはぴったりな単語帳です。

TOEICの800点台を狙う人向けの単語帳としても使用されるので1冊あって損はないです。

 

Core 1900の最新版(Ver. 5)が2018年3月に出版されたそうです。

最新版はこちら↓

 

まとめ

結局、点数が伸びる伸びないは本人のやる気と努力次第なので、できるだけ自分のやる気が出やすい本と出会えるかがカギです。