Maple Diary

私の脳内。そして日々の記録。

【メモ】コインの裏側

スポンサーリンク

本記事ではアメリカの硬貨の見分け方についてを自分的メモとして記しています。

 

アメリカに来たのは2回目なのに、未だにアメリカの硬貨(コイン)が見分けられません。

 

ついでに言うとキャッシュを使う機会がほとんどないのが現状です。

 

現金を持ち歩かないこともあり、紙幣を持っていても20ドル(2000円くらい)しか持ち歩いていないことがほとんどです。

 

そんな私でもたまに使うこともあるので、アメリカの硬貨の見分け方について記そうと思います。

 

 

 

 

f:id:mywantmylike:20180909012730j:image

自販機で2ドルの物を5ドルで払ったらおつりが全部硬貨で返ってきた時の画。

小銭入れがパンパンでした。

 

硬貨の種類

f:id:mywantmylike:20180909014023p:plain

画像参照元http://shumishumi.xyz/doller-shurui

アメリカのコインは主に4種類で、

  • 1セント
  • 5セント
  • 10セント
  • 25セント

の4つです。しかし同じ金額の硬貨でもこのように絵柄が違うことがあります。

まずは表面。表面は2種類あります。

f:id:mywantmylike:20180909015011j:image

画像の右4つと左4つでは若干柄が違うのです!! 

 

さらに、

裏面はたくさん種類があります!!

f:id:mywantmylike:20180909015020j:image

 右の4つは裏面に違いはありませんが左4つはすべて違う柄なのです!!

 

アメリカの硬貨が分かりにくい理由

なぜ、アメリカの硬貨はわかりにくいのか。

それは単純に数字が硬貨の裏もしくは表にはっきりと書かれていないからです。

日本の硬貨は100円には「100」などといったように硬貨には大きく数字で明記されていますが、アメリカの硬貨にはされていません。

 

さらに言えば、アメリカの硬貨にはこの硬貨が「いくらだよ!」とストレートに明記されておらず、別名で表記されています。それぞれの別名はこんな感じ。

  • 1セント=ペニー

  • 5セント=ニッケル

  • 10セント=ダイム

  • 25セント=クォーター

ペニーやクォーターは知っている人も多いとは思いますがニッケルやダイムって…

分かりにくい!!