Maple Diary

私の脳内。そして日々の記録。

【メモ】英文の残高証明書の手に入れ方

スポンサーリンク

本記事では、留学する際に何度か必要になる「残高証明書」の入手方法について書きたいと思います。

f:id:mywantmylike:20180616220027j:plain

残高証明書が必要な理由は?

 留学準備をするにあたって、私の場合は2回残高証明書が必要になりました。

  • 現地大学へ提出する書類
  • ビザ申請する際の書類

この2回はどちらも違うタイミングで必要だったので、その都度とっていました。

 

残高証明書は留学で必要となる授業料や生活費などの経費を留学中に払い続けることができることを証明する書類になります。つまり、あまり低い残高の証明書を現地大学やビザ申請で提出してしまうと留学ができなくなってしまう可能性があります。

 

入っていないといけない最低金額は?

預金残高金額の目安は、学校の願書に明記してあればその額に準ずればいい。明記していない場合は、3ヵ月の留学で90万円、半年で180万円、1年で300万円以上を目安にしておけば大丈夫だろう。

 

このような記事がありましたが、1年でも150万円ほど入っていれば大丈夫そうです。

現に私は300万円以上の残高証明書を提出していませんが、特に何か言われたり、審査に引っかかったりはしていません。

 

スポンサードリンク 

 

発行してもらうには?

 残高証明書を発行してもらう口座の名義人(本人)が近くの銀行窓口へ行けば発行してもらえます。

 

持ち物

  • 通帳またはキャッシュカード
  • お届印
  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)

 

発行手数料や発行までにかかる日数は各銀行会社で違うので、大手銀行の発行手数料と発行までにかかる日数をまとめてみました。

 

三菱UFJ銀行

発行手数料:756円(消費税込)/1通ごと

発行までにかかる日数:即日発行可能、郵送の場合は7日~10日

詳細:http://www.bk.mufg.jp/tsukau/tetsuduki/zandaka/index.html

 

みずほ銀行

発行手数料:756円(消費税込)/1通ごと

発行までにかかる日数:即日発行可能

 (取引店以外の店舗の場合、お取引店への「取次ぎ」扱いとなるため日数がかかる)

詳細:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/tetsuduki/etc/index.html

 

三井住友銀行

発行手数料:864円(消費税込)/1通ごと

発行までにかかる日数:約1週間(即日発行可能な場合もあり)

詳細:http://www.smbc.co.jp/kojin/otetsuduki/sonota/zandaka/

 

ゆうちょ銀行

発行手数料:510円(消費税込)/1通ごと

発行までにかかる日数:即日発行

詳細:https://www.jp-bank.japanpost.jp/ryokin/rkn_index.html

 

りそな銀行

発行手数料:2160円(消費税込)/1通ごと

発行までにかかる日数:郵送で1週間~10日

詳細:http://www.resonabank.co.jp/kojin/kinri_kawase/tesuryo/index.html#05

 

発行してもらう際の注意事項

 取引店以外の窓口で申し込みをする際は即日発行できないので注意が必要です。

例えば、取引店は大阪だが、居住地が東京なので東京の店舗窓口へ行くと、手元に届くまでに最長で10日ほどかかるといことになります。