Maple Diary

私の脳内。そして日々の記録。

LCCでの日帰り韓国旅行計画

スポンサーリンク

留学へ行く前にどこかへ旅行したいと思い勢いで航空券を予約しました。

 

せっかくLCCを使って安く旅行に行けるので、荷物がかさばって無駄な出費を出さないために必要最低限の物だけをリストアップしてみました。

今回の旅のプラン

f:id:mywantmylike:20180527155629j:plain

今回の旅行の目的地は韓国のソウルです。

目的はショッピング。

利用する航空会社はPeach Aviation

7月の初夏に日帰りで行くので薄着で宿泊に必要な荷物は要らないのでかなり荷物は少なめになることが予想されます。

当日のスケジュール(仮)

前日の夜に羽田空港

01:55  羽田空港

04:25  仁川空港着

入国審査後、空港内で朝食と仮眠。

その後、A’REXでソウル駅へ行き、ソウル駅で乗り換えて明洞まで向かいます。

10:00ごろ ショッピング開始!

13:00ごろ 休憩と昼食タイム

14:00ごろ ショッピングと観光

景福宮へ行けたらいいな)

17:00  ソウル駅へ向かいつつ夕食

(南大門(崇礼門)に行けたらいいな)

19:30  ソウル駅からA’REXで仁川空港へ向かいます。

20:30  仁川空港に到着

22:35  仁川空港発

00:55  羽田空港

機内持ち込みの規定・注意点

 Peach Aviationの機内持ち込みで他の大手航空会社と違い、注意しなければならないのは機内持ち込み品の合計が10kgでなくてはならないことだと思います。

f:id:mywantmylike:20180527152737p:plain

今回、ショッピングをメインで韓国へ行くので10kgまでという規定に帰国の際に引っかかってしまう可能性があります。そのため、行きの荷物は極限まで減らしていく必要があるようです。

 

また、今回は日帰りのため、身動きがとりやすいようにリュックに荷物を入れる予定ですが、宿泊される方はキャディーバッグのサイズにも注意しなくてはならないと思いました。

f:id:mywantmylike:20180527153256p:plain

もしも、手荷物の大きさ・個数・重さがオーバーしてしまった場合は受託荷物(あずける荷物)扱いで料金を取られてしまうので注意が必要です。

 

その他の液体物についてや危険物(ライターやナイフなど)については大手航空会社などと同じです。

 

持ち物

 今回は荷物を必要最低限に抑えて、本当に現地 or 機内で必要なものだけをリストアップしてみました。

最重要(絶対に必要なもの)

  • 財布
  • パスポート
  • スマートフォン
  • ポーチ(常備薬やちょっとしたメイク直し用)

重要(持っていきたいもの)

  • モバイルバッテリー(小型のもの)
  • マスク(機内での乾燥対策)
  • イヤホン(機内での耳栓替わりにもなる)

あったら便利なもの

  • レンタルWi-Fi or 海外SIM
  • アイマスク(深夜便なので睡眠必須)
  • ブランケット(飛行機って意外と寒いし、LCCブランケット有料)

まとめ

普段通学に使用するカバン(PCとタブレット、本2冊などが入っている)を体重計で測ってみると12kgもありました。そんなに重いと感じないがそれでも10kgをオーバーしています。

 「これあったら使うかも」とあれこれ持っていくことはLCCでの旅には禁物なのだと思いました。

 

後日談:7月18日更新

www.mywantmylike.com